職場の「パワハラ」問題を考える講演会

お知らせ

川村遼平氏

1986年生まれ。千葉県出身。NPO法人POSSE事務局長。東京大学大学院総合文化研究科修士課程。
著作に、『ブラック企業に負けない』旬報社、森岡孝二編『就活とブラック企業』岩波ブックレット。
NPO法人POSSE(ぽっせ)
2006年に都内の大学生・若手社会人によって結成され、現在は東京・仙台・京都で活動。労働相談、労働法教育、調査活動、政策研究・提言、文化企画を若者自身の手で行う。2008年12月から雑誌『POSSE』を年4回刊行している。
「POSSE」はラテン語の「力を持つ」意味であり、また英語の俗語として「仲間」も意味する。
[HP]
http://www.npoposse.jp

[雑誌]
http://www.npoposse.jp/magazine

 

 

 

 

 

連日のように入る労働組合や労働相談センターなどへの相談内容は、解雇、退職強要、一方的労働条件変更、賃金未払い、有給休暇取得問題などで、労働者は会社に対してものを言うこともできず、泣く泣く駆け込んで来るケースが増えています。また、職場の上司からのセクハラやパワハラなどのハラスメントに関する相談が増えてきているのも特徴です。近年、大学や専門学校を卒業し、正社員など安定した仕事に就いている人は半数にとどまるといわれます。競争を勝ち抜き無事に正社員として就職できたとしても、就職先がいわゆる「ブラック企業」と称される会社では、劣悪な労働条件と非人道的な労務管理に曝され、挙げ句の果てに使い捨ても。こうした若者は人格が破壊されるだけでなく、うつ病などの心の健康破壊も深刻で、過労死・過労自殺へと追い込まれています。

北九州労健連では、若者を中心に積極的な相談活動に取り組んでおられる「NPO法人POSSE」の川村遼平事務局長を講師に、メンタル不全の大きな要因となっている職場における「パワーハラスメント」問題について考える講演会を開催します。相談活動から見える労働現場におけるパワハラの現状や、ブラック企業の労務管理(=支配の実態)についてお話して頂きます。


  • 第1部 講演 「相談活動から見えるブラック企業の人間破壊システムの実態」 (仮題)
    講師 川村遼平氏(NPO法人POSSE事務局長)
  • ?第2部 リレートーク
    「北九州における若者達の働き方・働かされ方の現状」

?日程

□日 時  7月28日(土) 14時00分~17時00分

□ 会 場  ウェルとばた・多目的ホール (JR戸畑駅隣接)

□ 参加費 500円(資料代)  ※学生は学生証提示で無料

□定 員 180名 ※定員になりしだい締め切ります。

□ 申込先 電話 093-871-0449 (代表)

 

?お問い合わせ先

北九州労働者の健康問題連絡会議
北九州市戸畑区中原東3丁目11-1 九州社会医学研究所内
TEL 093-871-0449  FAX 093-872-3695

<< >>

  • 社医研レター

  • おすすめの書籍

  • 衛生外来


  • 26613